私は30代後半で専業主婦をしていますが、自身の体臭をとても気にしています。

ずっと前から腋臭が少しあるのです。

いつもワキの臭いについては特にナーバスになっており、いつでもわきが専用クリームを愛用しているのです。

だけど、人が多いところや緊張するような場面に立たされるとクリームでケアしたとても流れてくるワキからの汗にはとても困っています。

夏場は、薄着スタイルをしてわきに汗をかくと汗ジミになって目立ちますし、腋臭が心配になります。

重ね着しなくなることで、他の人に認識されたくない、知られたくない自身の身体のコンプレックスを暴露している気になり、気持ちが沈んでしまいます。

そんな私ですが、この間腋臭に効果的なボディーソープに出会い、それを使うようになってからワキガのニオイが改善されたように感じています。

汗じみを目立たせないようなワキの緩い服を選んだり、天然素材のインナーにするなど、少し努力すれば良くなっていくって思うし、自身の体臭にもっとポジティブに向き合っていきたいと思うこの頃です。

長時間履きっぱなしで蒸れたスニーカーをぬぐと、それはそれは不愉快な臭いが鼻につく。

まぁ、これはありがちな体の臭さですよね。

けれど、夏にお出掛けをして汗が出てくると、周囲の人にはどんだけ臭いと思われるんでしょうか。

汗が乾いていないうちは、そんなに気に掛かりませんが、時間が経ってくると矢張り汗臭が気になります。

もうこの段階で周りの人を不快にさせるような臭いを発しているのならば、大急ぎで良い匂いの制汗スプレーをシューッとやりたいですね。

でも、デオドラント剤はお高めなので、できることなら乱用は避けたいとも考えています。

もしも、多少汗ばんだくらいの体臭では迷惑に思わない人が殆どであれば・・・。

と想像していくうちにそもそも「体臭とは何ぞや」と「?」が浮かんだのです。

大まかに言えば「身体から発する臭気」なのでしょうが、いまどきカラダを洗わない人は、ほとんどいらっしゃらないでしょう。

その時に、「シャンプー」や「石鹸」などで洗う人がほとんどだと思います。

ならば、これはもう洗髪料などの香りであって、「体臭」とは言えないのでは?じゃなかったら、洗浄料のかおり+分泌物から生ずるニオイ=「体のニオイ」なのですか?なんて自身のクサい両足を洗浄しながら悩む今日この頃です。

汗って暑くなってくると誰でも気になるのではないでしょうか。

もしかすると、汗の事が気になって落ち込んだ状態で日々を送っているという場合もあると思うのです。

特に洋服に汗の染みができてしまったら、困ってしまいますよね。

Tシャツなどを着ていた時に、脇の汗が目立ってしまって恥ずかしい思いをしたといった経験がある方も多いのではないでしょうか。

そんな汗染みの予防として、一番いいのが汗をとる為のインナーになります。

素肌の上に1枚着ることで汗の染みは少なくなります。

けれども夏の時期にもう1枚重ね着をするのって、より一層暑くなってしまうのできついですよね。

汗の染み対策は出来るかもしれませんが、出る汗の量は多くなるかもしれないです。

だけど今現在では接触冷感機能付きの下着などがあるので、そのようなタイプの物にするのも良い方法だと思います。

電車の中や公共の場にいくと目立ってしまい恥ずかしくなってしまう汗じみ。

早急にそのような悩み事から解き放ってくれるような商品ができないかと望んでいます。

脇の臭いが心配だという人によくある傾向として、わきによく汗をかくことがあります。

脇に汗をかきやすい体質だとニオイを強めたり、ニオイの原因である菌が繁殖しやすくなります。

なので、脇汗対策をすることが脇の臭いを軽減するために大切です。

脇のニオイは汗をかくことによって臭いますが、その汗が拭き取られず常在菌に変わってしまうことで臭いを強くします。

汗が出ているとしてもワキの臭いはそんなに臭うことはないですが、汗を長時間ほったらかしにするとその分臭いが強くなります。

ですから、強い臭いに変わってしまう前にマメにわき汗をぬぐうことで臭いを減らします。

脇の汗はほかの部位に比べてベタつく汗の特徴があるので乾いているタオルでゴシゴシ拭くよりも、濡らして絞ったタオルやボディーシートを使うとキレイに拭うことが出来ます。

拭いたあとはきちんと乾燥させることが特に重要な点で、濡れたまま放置しないようにします。

せっかく拭っても、乾かし方が足りないと雑菌が増殖しやすい状況となり、ワキの臭いを増強させてしまうので、拭い取った後にしっかりと乾燥させることがわきの臭い対策に大切だと言えます。

更年期障害もおそらくもう最終段階ではないでしょうか。

40代後半の頃の症状で、寝ている時に体中がベッタベタになるほどかいていた汗は、悪化していた持病と手術を受けたために体力がなかったからか、発病しかけていたリウマチがいけなかったのか、単に疲労によるものなのか、更年期障害の症状なのか、またはもののけが原因なのか。

ある程度年月が過ぎてみると、あの寝汗は更年期がもたらす体温調節の衰えかなと思ったりしています。

トラバーユしてお休みが増えた今現在では、前みたいな強烈な寝汗とけだるさは無いのですが、日中の軽い運動でダラダラと大汗をかいているのが分かります。

エネルギーを使っているという感じじゃなく、冷え性のはずだけど体温の上昇が激しいようなのです。

これって更年期障害ではなく老いの症状なのでしょうか。

朝のうちから汗をかいて嫌悪感があるのは、首のまわりです。

家に帰ると不潔感がある為シャツは着替えてしまうのですが、首回りがベチョッとしているので、すぐに体を洗い流したくなるのです。

冬の今でもそんな感じですので、夏季は臭ってしまうのでたまったものじゃありません。

髪の毛は汗できしんでいます。

今となっては「オジサンって汗っかきだからキライ!」とは言いづらいです。

わたくしのことではありませんが、やはり割と年を取った男性のニオイを気にしてしまいます。

特に近い存在の夫については、より一層そう思います。

本人だとそこまで気になったりしないのでしょうけどあの異臭には壁壁します。

とりわけ、ニンニクの効いた食事をしたあとのにおいには耐えられません。

主人だから「にんにく食べてきた?臭いよ~」とか、「ニオイがしないようにしてね」なんて気軽に言えるけど、会社の人には直接言う事なんてできません。

暑い夏場は、なお一層そうなってしまいます。

今の時代ですので、ある程度制汗スプレーなどで気配りしている方も多くいらっしゃいますが、そうでない方もいらしゃるのが現状です。

そういう人というのは、自分が出してる臭いに無頓着なのです。

靴を脱いだあとの臭いなどは、家で何とかできますが、人の事はどうにもできません。

細かい事を気にしすぎるというのも困ってしまいますが、そういう歳になったのなら、縁者に自分の体臭について確かめてもらって手当することも必要なのではないでしょうか。

基本的にあたしは汗っかきです。

夏の季節は当たり前で、年間を通して汗が出てくるのです。

私自身がいちばん、汗をかきたくない季節は冬になります。

暑い時期の汗も嫌ですが、冬の時期の汗も嫌いなのです。

夏という季節は酷暑なので、みんな日傘やハンカチを手にしています。

ですが、冬は寒いと思うのが当然なのでタオルを持ちながら歩く人はほとんどいません。

また夏場よりも冬は厚着をします。

夏ならば薄着で電車に乗っていても店舗に入っても冷房がついていますが冬の季節は全く空調は効いておりません。

特にラッシュ時の電車は辛いです。

コートを着たままで乗車してしまうとじわじわと汗が出てくるのです。

おでこから発汗し、その汗が下へ下へと流れていくのです。

オデコの汗をハンカチで拭きますが汗は徐々に下へ垂れていって、胸やお腹の辺まで流れていくのです。

会社について、コートを脱ぐと両わきや背中が汗で湿っていて、これが意外と乾きにくい。

特に黒を着る機会が多いわたしとしては汗じみが目立つのは困ります。

黒って大丈夫じゃないの?なんて思いがちですが、黒色の洋服が汗を吸収すると思いのほか汗じみが目立ってしまうのです。

若い頃は身体のにおいなど気に掛からなかったのに、ここのところとても脇の下のニオイを感じるようになってしまいました。

気になりだしたのは、美容脱毛サロンに行きはじめてからです。

脱毛サロンに行き出して一年半ほど。

暑い時期になると、何となくワキガ臭がする。

これはひょっとしてと思い、施術が終わった後に、脇をふいてチェックしてみると、間違いなくワキガの人の臭いがする。

すごくショックでした。

それ以来、わき汗をかいたりする度に、わきを拭き取って脇臭チェックをするようになってしまった私。

他人が近くに来ると本当に気になるようになってきました。

介護職なのでよく汗ばんでしまうし、匂いもバレやすい職種なので消臭ケアは絶対に必要です。

ある時、知り合いから海外のおみやげで貰った、コロコロつきのデオドラント剤を使用してみたのです。

それを使用すると見事にニオイがなくなりました。

こっちでも購入できるのかな?と探してみたところその系統の製品は沢山販売されていました。

このコロコロのおかげで本当に快適になりました。

寒い季節も何となく脇に汗を掻くと臭かったのですが、このコロコロのおかげで近ごろは臭いが抑えられています。

世の中にはきれいな感じのするスポーツ後の汗ですが、暑さが原因の汗は面倒です。

思えば、毎年テレビのコマーシャルで制汗製品がよく流れるようになるのは、私みたいな汗に困っている人が多数いるからでしょうが、いろいろなタイプや香りが存在しているので、選ぶことが出来なくて、簡単に拭ける使い切りタイプになってしまいます。

元より、夏の時期はそれのみでは対処できません。

ショッピングサイトでとってもおしゃれなパッケージのデオドラントを見つけて、輸入物の直塗タイプの制汗商品を買ってみました。

凄く匂うため、私にはふさわしくない感じだったのです。

いちばん不安な事は、自分が匂う以上に「周囲にあたしの汗のニオイを発散しているのではないか」とか「内心臭がられるかも」と心配しています。

猛暑にやられ、出来るだけ外出しなくても良い日は家にいたいと思うのです。

過ごしやすい屋内でゴロゴロしたくなります。

頭皮からも汗は出るため、冷感の強いシャンプーを使うのですが、こちらも厄介な汗。

頭皮の汗の量は多いです。

あと何か月もしない間に、汗に悩まされる時期になるので嫌ですね。

この間、保育園に入園したばかりの3歳の息子から、「ママ臭いよ」といわれたのです。

その時にはさんまを焼いていたので、私はてっきり魚を焼いた時に出るあの独特な魚の臭いのことを言っていると思って、受け流していました。

ですが、翌日息子が臭いにおいがすると言っていたので何が臭いのか聞くと、原因は私でした。

それも足臭いって・・・。

凄いショックです。

私はクツシタを履くのが嫌なので、お出かけする時には履いて、家ではくつしたを脱ぐのです。

これがいけなかったのかはわかりませんが、私よりも身長が低く、足元近くに顔があるので、足の臭いが鼻についたので、ガマンできなくてクサいといったんだと思います。

それからというもの、家でもクツシタを履くようになったのです。

他にもデオドラントシートを買ってきて、頻繁に拭くようにしたり、お風呂に入った時には丁寧に足の指と指の間も洗うようにしたのです。

それからというもの、息子に足のニオイがすると言われることはなくなったのです。

高校生の時に、仲が良かったお友達と卒業したらどんな仕事をしたいか話していたらあたしはハッキリとした将来の夢はなかったのですけど、友だちは美容師になるという夢を持っていて、美容師になって大勢の人を美しく変身させたいなんて言っていました。

器用な手つきをしていて、毎朝ぼさぼさ頭の私の髪の毛を綺麗に結ってくれたりして上手だななんて思っていたのです。

けれどもその友達の悩みがさまざまな所に汗をかく「多汗症」という症状で、体育館での体育の授業の時も素足で歩けば足跡が付くくらいの濡れ具合。

掌は常に湿った状態なので、握手をしたり髪を触る際には「気分悪くしていない?」などと、言っていました。

あたしは友人なのでいたって普通なのですが、やっぱり仲の良くない人なら手を掴む時に、少しは嫌な気持ちがするのかもと思いました。

だけど、夢は美容師になる事。

かなり悩んでいました。

悩みを聞いても、まだ高校生で「多汗症」という言葉も知らず無知の私では何もできる事はなく…。

でもお友達は高三の夏休み中に医療施設に行き多汗症の汗腺を抜く手術をしたと学校が始まった時に言っていました。

手の平もサラサラとした状態で、そのような病気や治療法があることを初めて知りました。

現在では希望がかなって、都心部で評判の美容室で店長をやっていて雑誌にも掲載されていました。

それを見ているとわたしの方が嬉しくなるのです。

私が自慢できる唯一の友達です。

私自身は多汗症です。

体温は低いのですが手など部分的にあったかい、いわゆる冷え性の汗っかきです。

ハードトレーニングなんてしている訳ではないのです。

気がついたら掌に汗をかいているのです。

夏の時期はワキに沢山汗をかき、洋服に汗ジミができるほど。

なるたけ汗が留まらないように、ワキ毛を処理しています。

デオドラントクリームも使っています。

そのおかげで汗の臭いはマシになりました。

でも、どんなに食い止めようとしても汗は出てきます。

洋服がベタベタになって体に貼りついてしまうと不快ですね。

とくに緊張すると手の平に汗をかきます。

手汗を気にし過ぎて、さらに緊張状態に陥ります。

握手をする時は危機を感じます。

手の平の汗が原因で物珍しく見られたという事はありませんが、やはり気にしてしまいますよね。

多汗症に気付かれたくなくて、人との付き合いも避けてしまうのです。

体を動かしたくても汗をかくのが嫌で、家に引きこもりがち。

汗をかくことは悪い事ではないのですけど踏み出す勇気が出ません。

生き物は各々にニオイがあるのです。

それは人に限らずイヌとかネコも一緒です。

飼っている自宅のペットのニオイにおいてはそんなに気にしませんが、人んちに行けばそのお宅の動物のニオイを臭いと思う人もいます。

アメリカで何年か生活をしていましたが、当時は日本で生活していたころと違い嗅いだことがない臭いにびっくりしました。

そのニオイはアフリカン・アメリカンの体臭でした。

すごい臭いなのですが、それを嫌いになるというのとは違っていたのです。

私達日本人の皮膚の色と、アフリカンアメリカンの人の皮膚の色とでは、見た目にずいぶん違っています。

汗などの臭いに関しても、日本人の体臭とアフリカンアメリカンの人の体臭ではニオイの感覚が異なるということがハッキリしたのです。

USAにはいろんな人種が住んでいる為、体臭においてもさまざまです。

慣れてしまえば、大した問題ではなくなったのです。

人間同士の距離が関係しているかもしれません。

日本だったら朝の時間帯の電車など、人間同士の距離が狭くなってしまう状況に陥る事があります。

しかも、日本という国は非常に湿気が多いという事で臭ってしまうのだと思います。

あたしは中学の時から汗とワキガで悩まされているのです。

常時、ニオイと戦っていて、周囲にばれないか不安です。

体の性質だと思いますが、運動なんてしていないのに季節を問わず発汗し、汗をかくたびに、脇から臭いがしてきます。

多分、お友達も、わたくしの脇のにおいを分かってると思います(言われたりしませんが)。

私はなるべく、臭いや脇汗に気づかれないように、脇汗用シートをつけたり、お手洗いで一日に数回制汗スプレーを付けているのです。

自分の身体にマッチするデオドラントを探し回っていますが、完全に臭いを消すデオドラントがなくて、わきがが本当に嫌になるくらいです。

何年もの、臭いとのバトルがとてもつらいので、最近、恥ずかしいと思ったのですが、脇ボトックス注射のカウンセリングに行きました。

半年くらい効き目が継続することや、腋臭で悩んでいる方がたくさんいるので保険適応になった事で、リーズナブルになったと知りました。

そこまで悩んでいるのは、あたしだけではないようで、デオドラント製品の他にも解決する方法を発見したので、安堵しました。

ボトックスをしてもらうかどうかは決めていませんが、ワキガで悩まされているのが私だけではない事が分かったら、気持ちの面で少し楽になりました。

汗は代謝で体に良い働きしてくれるのでありがたい気持ちはありますが、わたし自身は汗かきな性質なので、苦悩した時期がありました。

夏場に額からよく汗をかき、冬は手汗をかきやすいというコンプレックスがありすごく大変でした。

顔から出る汗で困ったことは、服のえりに汗がついたり、目に入ると痛かったり、紙などに垂れてしまってブヨブヨになったり。

傍にいた人が心配してくれてタオルを貸してくれたりしたので、そのあとからはハンカチを常備しています。

脇の汗の場合は、洋服の脇部分に濡れた部分が目立ち臭いが気になるので、制汗スプレーを脇の部分にかけたり、専用の石ケンなどで洗っていました。

手汗の場合は、夏にはそれほどでもありませんが、冬場はなにかを掴む際に濡れて滑ったり、スマホとかよくやりますが画面をタップしたりすると違うものが立ち上がったりするのです。

なので、私にとって汗は「体にとっては必要だけど厄介なものだ」と感じたのです。

思いがけない足のニオイに慌ててしまうことってありますよね。

仕事帰りに話の流れでご飯を食べに行くことになり、向った先が靴を脱いで上がるような所で・・・暑い時期だけでなく寒い時期の「タイツ+ブーツ」の組み合わせもプンプンと臭いを発するのが「足臭」。

子供のころは綿靴下を着用していて、普段履きも洗濯していましたが、大人になると汗や臭いの吸収の良い天然素材のソックスではなくナイロンストッキングを履くようになったり、通勤靴は合成皮革なので靴磨きなどはしても丸洗いはしない、という私に近い生活をしている人も沢山いると思います。

自身の足臭も不安に思いますが、私以外の人のニオイも困ります。

なんか臭うなぁと思ったら、美人ともてはやされている女性の足がクサいのを発見してしまうと女性目線でとらえても結構幻滅してしまうのだから男子たちはどんな目で見てしまうのかしらと、それとも男性は思いのほか意識してないのかもなと考えたりします。

兎に角後の祭りにならないように足の臭い対策はしっかり行いましょう!

自分は掌にかく汗の量がひどいので、勉強の際にはとても厄介です。

夏場に勉強をする時とか、ペンを握って何か大量の書き物をしている時にはかならず手汗を握る為、ペンがすべってかきにくくなるのです。

そのため、勉強の際にはしょっちゅう手を洗ったり、保冷剤を握って手の平を冷ましてみたり、タオルで拭きながら鉛筆を握っていますが、どっちも改善策とは言えないのです。

勉強に集中したくても手からペンが滑り落ちて字が書けなかったり、手汗が落ちてノートがにじんでしまってはやりたくてもできないので参っているのです。

寒い季節だったら汗をかかないので勉強はしやすいです。

今現在は子供の授乳の時にも手汗をかくので、子供の肌着が汗で濡れてしまう為困っているのです。

汗は止めたいと思っても止める事は出来ないのです。

ですが、手のひらの汗のためだけにクーラーに頼るというのももったいないし・・・。

皆さんはそんなことないのかななんて思いつつ、差し詰めどうにかして汗が出ないようにもがくしかなさそうです。

自分が気がかりなカラダの臭いは、腋臭です。

仕事をしているとき、緊張してくると脇から汗が出てきます。

そんな時は決まって、凄く匂うのです。

そうなると、自分がにおうという事に気がいってしまい一段とキツイ臭いがしています。

けれども、自分以外の人もそうでした。

会社の仲間も上の人に仕事をムチャ振りされると、絶対にワキがクサイ。

脇の臭いとプレッシャーって関わり合いがあるのだと感じました。

その他にも足裏からもアセが出る。

通常なら足の裏からなんて汗は出ないけど、ストレスがかかった時とかは、靴下がしめっぽい。

そん時は大抵、上の人から食事に呼ばれる。

靴を脱ぐ和室の会場。

自身の足が臭う。

これは、もうどうすることも出来ない。

ワキのニオイであればスーパーで手に入れた消臭剤を吹き付ければどうにかなるが、足の匂いを消すスプレーは購入しずらい。

足のニオイというものは毎回感じる訳でもないし、そういった事がない限りクツは脱がないので、真面目にニオイをなくそうという努力を自身がしていないことが、ハッキリしたのです。

ひょっとして自分がくさい為に他人から敬遠されているのではないかと悩みはじめたここ最近。

と言う訳で、コツコツと良い香りとか体臭コントロールの為にどうしていったらいいか試行錯誤を繰り返しています。

概ね香水をつけていたら嫌な臭いがしないだろうと思っています。

(どれがどのくらい効くのかわからないのでまだまだ勉強中です!)しかし体験者の話で「香水」と「アセ」が掛け合わされ却って臭くなると言われたこともあります。

ほのかに続く優しいニオイで無難にニオイ対策を行っている今日この頃です。

スーツを着るような仕事ならしょっちゅう洗うわけにもいかないので、着る度に消臭芳香スプレーなどを使って汗臭を消すのも良さそうです。

「人の臭さ」と言えば体臭とは言うけど洋服などの匂いも影響してると思います。

汚くなったら洗うことが一番です。

そうもいかない時は洋服にも除菌消臭スプレーを使ってクサいイメージにならないことが肝心です。

暑い時期はアセも出やすくデオドラントスプレーが重宝しそうです。

それと汗取りパッドとかウエットシートなど用意して嫌な臭いを発さない女性になりたいです。

「香り」によって人の魅力度が変わってくるというイメージを左右するような大切な項目なので、これから魅力的な人になりたいなら「香り」も気をつけないとですね。

わたしはとても鼻がいいんです。

人様の匂いは無論のこと私自身の匂いも認識出来るので自分自身の臭いに関しては最大限の注意をしています。

「この人、臭う」って思われたくないですし、人にイヤな思いをさせたくないので出来るだけの事はしています。

「体臭」は汗ばみがちな夏季に鼻につきやすくなります。

体臭が悪臭になってしまう理由はいろいろです。

身体のニオイは本人の元々の持って生まれたニオイもありますが、大体はその方自身の生活の仕方が影響しています。

とくに食習慣と体臭には密接な関係があります。

脂質の多い食事内容の方の臭いは往々にしてきついですが、野菜類をふんだんに使ったバランスのとれた食事を摂っている方の体臭は感じる事が少ないです。

体臭の大敵は肉中心の食生活です。

意識的に野菜中心の食にしていくことで、自分でも分かるくらい体臭を軽減することができます。

それとお酒も悪臭の元となります。

酒類を楽しみすぎたあくる日などは口のニオイだけでなく、身体の匂いも強くなってしまいます。

そうした個人個人の日頃の習慣が徐々にその人自身の「体臭」を構成していきます。

人から出る匂いは周りの人にストレスを掛けてしまうので、各自意識的に臭わないようにすることが必要です。

汗量が減る冬場に、体から出るニオイがひどくなりがちな気がしています。

そんな事から、寒いシーズンには、身体から発する臭いを心配する人が各世代にいらっしゃるはずなので、臭いのケアをキチンと行う必要があると言えるのではないでしょうか。

初夏あたりからの暑いシーズンには、運動をしなくても汗が出てくるため、臭いのケアにはみな熱心に取り組みます。

それに比べて、汗量が減る冬などは、体臭のケアをないがしろにする傾向がありますが、菌が汗によって出にくくなり、余計カラダの臭いが強烈になるという事もあるようです。

マメに臭い対策をすることと、暑い季節以外にも実施する事で、「体臭」は軽減されていきます。

これからは汗を掻きにくい冬時に、カラダの臭いがキツくなり心配になる方が臭い対策に精力的に取り組んでいくと予想できるので、あらゆる形での体臭ケアが実施されるようになると思っています。

産休が明け、ようやくお仕事に復帰できます。

給油所では価格の上場がすごいので前と比べて高くなっていて驚いています。

夏が来る前に復職したのは多少でも体を慣らしておかないと汗だくの状態になってしまうからなのです。

知っての通り石油スタンドは直射日光を浴び、長袖のシャツ、車の発する熱で猛暑なのです。

汗かき体質な私は春には汗にまみれてしまいます。

夏になると結んだ髪の毛先の方から汗のしずくが流れ落ちるので車に落ちてしまわないように、お団子ヘアにしているのです。

めっちゃ首が、日焼けするんですけどね。

二十歳くらいの子は、汗をかく量って少ないのかな?って思ってしまうほどへっちゃらそうな顔です。

わたくしは下にぴちぴちのTシャツを着て両脇にハンドタオルでくるんだ保冷剤を入れていたり、ブラジャーの中にも保冷剤をキッチンペーパーに包んで入れて仕事をしないと大変なことになるのです。

お化粧の方は、昼には落ちてしまう為その後はマロ眉で働いています。

自動車が大好きなのでこの仕事をしているのですが、炎天下の中でも快適になるようなものを作って欲しいなと思います。

参考記事:すそわきが ニオイ対策
参考URL:https://www.heartwarmingholidays.com/

うちのダンナはフランス人ですが、体温自体がもともと高めなので、年がら年中半袖スタイルです。

冬はあまり気に掛からないのですが、気温が高くなってくるともうTシャツを何度も着替えないといけないほど発汗がすごくて、そのにおいが本当に臭くって困り果てています。

毎日朝になるとデオドラントスプレーはシャワーの後にやっているようなのですが、またその制汗スプレーのにおいと汗の臭いがブレンドされて物凄いニオイになってしまい、夫が部屋に入ってきただけでも物凄く臭います。

ダンナはまだ40歳手前なのですが、この体の臭さは有り得ないです。

デオドラント石鹸等片っ端から使わせてみましたが、全く効果なしです。

彼の脇下のニオイに効くデオドラント用品って有るのでしょうか。

マジで暑い時期にならなければいいなと思うくらいニオイが強烈なので外出する時でも制汗デオドラント剤と着替えのシャツくらいは使うようにさせています。

脇下のニオイって誰でも結構気になると思いますが、体臭がある人って自分自身で気付いていない方が殆どなので、夏のバス車内等で物凄く気に掛かる事があります。

うちの人も同じくらい、いやそれ以上のニオイを出すのでどうにかしたいです。

今現在ケアセンターで仕事をしている26歳(女)です。

汗が出るくらい動き回る仕事ですので仕方がありませんが、自分の足が大変臭います。

しかもだいたいが仕事を終えたあとだけなんです。

業務を終え、靴を脱いだ瞬間のあの強烈なニオイ。

ビックリするくらい臭いのです。

なので自分なりに臭いの具体策を試してみたので書こうと思います。

はじめに試してみたことは、ホームセンター等で買える足用デオドラントクリームです。

仕事前にひと塗り、夜の勤務の時には仮眠をとる前にひと塗りしました。

しかし効きはいまいちでした。

クリームを塗った後はサラッとした感じで効果を期待していたんですけど…。

2番目にトライしたのは念入りに洗うことと乾燥させることです。

お風呂の時は勿論、仕事の休憩時間にまで足を洗い、とにかくムラさないように心掛けたのです。

それでも効果はそれ程なかったのです。

少し軽減したかな?って感じです。

そして最終的には職場の靴とクツシタをすべて買い換えました。

するとみるみるうちに匂わなくなったのです。

恐らく一緒の靴をほぼ毎日はくことでばい菌が蕃殖し、ボロボロのクツシタが蒸れることで臭いの相乗効果になっていたのでしょう。

あんなに悩んでいた足の臭いは思いがけないやり方で片づけられました。

自分自身は脇に汗をよくかきます。

のんびりしている時ならわき汗をかくこともないのですが、ストレスがかかっている時などは大量に脇汗をかきます。

電話で話をしている時も、そんなに親しくない人だとわきから滴り落ちるくらいいっぱい出てくるのです。

10代後半くらいからそれに気が付いたのですが、全然気づいていない時にグレーの服を着ていた際、友だちから「わきの汗すごいよ」と言われたことがあったのです。

グレーは汗をかいたときに目立つという事が分からずにいたので、その日以降はそれは着ないようにしたのです。

そして汗をかいているのが分からないように白いTシャツを着るようにして汗が分からないように注意しているのです。

それからは決してノースリープを着ていません。

それを着てしまった場合垂れてしまうからです。

海に行ったときや温泉に入る時は気遣う事もありませんが、常日頃から気に掛けて着る服を選んでいます。

汗をかきにくい体質だったら良かったのになと思います。

夫は普段はスーツで会社に行きます。

背広なので、勿論履くのは革靴なんです。

夏になって、ゲリラ的豪雨が増えたおかげで、ダンナのズボンの裾から下が湿っていることが増えたのです。

いちばん最初に気にかかったのは靴。

でも、革靴は少々臭かったとしても室内に入れることはないし、夫以外の人は使いません。

勿論濡らさないのが一番良いのですけど、ちゃんと手入れしてあげれば、それほど匂うような事はありません。

だけど、くつしたの臭いは違うんです。

洗濯機に入れる前に洗剤に浸しておいても、なかなか臭いが取れません。

頑固な臭いですよね。

それに手で触ることは避けたいのに、夫はお構いなしに脱ぎっぱなし。

それをそこらへんに放置された時には、悪臭が倍増して私に襲いかかります。

くつしたは使い捨てですし、背広は仕事服なのですが、あの強烈な臭いはなんとかしたいです。

当の旦那さんは、全然気にかけていないみたいです。

あたしの臭いと思う体臭ランキングを発表します。

第三位は「衣類の生乾き臭」です。

何と言うかどうにも大嫌いで何故ここまで臭うのか不思議に思うほどです。

部屋干し臭がしたら直ぐに再び晴れの日に衣類柔軟剤をたっぷりと入れて洗濯機を回します。

でも、梅雨に入るとよく雨が降ってあまり晴れた日に干すことができないので参ります。

最近は生乾きの匂いがしない洗濯洗剤なんかがいっぱい出ているのでそちらを吟味して使って行きたいと思います。

ワースト2位は、「わきが臭」。

これは昔からそうですがやっぱり腋臭臭を出す方自身は分かっていないのが大問題。

友人であればこれを伝えた方がいいのか悩みますね。

これは手の打ちようがないので近くに寄らない事が1番の臭わない対策なのでしょうか。

一位は、汗の匂いです。

これはあたしのも気になりますが他人の人もホントに臭く感じます。

真夏などによくあるこの悪臭。

夏だと当然なんだけどやはり個人でできる防臭ケアはたくさんありますので頻繁にタオルで拭くだとか肌着を交換するなど実施してもらいたいです。

汗のニオイの上からコロンなどをつけてもより一層悪臭になるだけと知って欲しいです。

汗の悩みと言ったら、わき汗をよくかく事です。

脇に汗をかくと、洋服に汗染みが出来てしまうので、暑い夏はシミになっていないか、たいてい気になります。

もちろん、アセを出にくくすることはしています。

最初は制汗スプレーを使い、ここのところはロールオンタイプの制汗剤で対処しているのです。

スプレーを使用していた時と比較すると、汗の出方がマシになったとは思うのですけど、油断すると、発汗していることが分かるので、完全に悩みを解決する事は簡単ではないと思いました。

汗の悩み事は、夏ばかりとは限りません。

寒い季節になると、汗をかく機会は減りますが、ワキだけは、寒い時期でも汗が出ていると感じることが良くあるのです。

暑いから汗をかくのなら分かるけど、寒いと感じている状態で脇汗がにじむので、面白いなと思います。

寒い時期はいつも重ね着しているので、夏みたいに汗ジミが見てわかる機会は少ないですが、それでも汗が出ると心配になるので、年間を通して汗の事で悩んでしまうのです。

女だったら誰でもメイク崩れを心配しますが、あたしは、みんなが持ちそうにない悩みがあります。

わたしは、ちょっとでも、気温が上昇すると、鼻の部分から汗が出るのです。

今現在まで同じような悩みを持っている人は居ません。

「あたしだって一緒だよ」っていう人もいるのですが、あたしからすれば、うらやましいほど微々たる量なのです。

夏の時期は気付いたら、鼻の頭から鼻筋にかけて、汗が水滴になって出てくるのです。

メイクは鼻の辺から落ちていって、凄い時はメガネが落ちる事もあり、初対面の方からはビックリされる。

毛穴が汚かったり代謝がよすぎるのかなんて思ったので、スキンケアやパックを使用して鼻周辺のケアをしていますが、全然効果は見られないのです。

年を重ねたせいで代謝が落ちてきたからなのか、ほんの少しだけ減ってきた気がするのが救いです。

だけど同じ体質を持っている叔母が七十才を過ぎても、鼻の辺りに汗をかいていたので、一生付き合わされることなのかって考えるとブルーになります。

この原因は遺伝だと思いますが、どうにかできないかなとカガミを見ながら頭を抱えています。

体臭という言葉を聞き、連想するところが色々とあるのではないでしょうか。

ワキとか足とか。

私の場合は頭皮のにおいが最も気になる場所です。

以前からそうなのですが、わたし自身の頭髪や頭皮のにおいをチェックするようにしていました。

いまだにピローについた臭いを、気にしています。

髪の毛のニオイは、シャンプーやリンスの臭いに消されてしまうので匂わないのですが、皮膚に関しては案外臭うものなんですよね。

においがいちばんきついのは、カラダが熱くなっている時です。

入浴中だとか、炎天下の中にいたとき、帽子をしていて熱気が頭にこもった時は、自分でもマズイなと思うほどです。

皮膚にはたくさんの毛穴がありますから、そこから発汗してにおいが出るのです。

髪の毛みたいにヘアケア商品の香りでニオイを隠せないので、不憫ですよね。

薬局などに行くと、スカルプケアができるシャンプーも売られています。

試しましたが、シャンプー後はサッパリして良い感じでした。

頭皮を清潔に保って、臭わない生活を送りたいと思います。

汗に関する悩みと言ったら、脇汗が良く出る事ですね。

ワキから汗が出ると、洋服に汗染みが出来てしまうので、暑い時期はシミ汚れが出来ていないか、常に気を使っているのです。

言うまでもなく、汗対策はしています。

まずは制汗スプレーを使い、近頃ではデオドラントクリームを使っています。

スプレー式の頃に比べると、発汗しにくくなったと思っていますが、油断すると、汗をかいているので、100%悩みを解消するのは難しいと思います。

汗に関する悩みというものは、夏ばかりとは限りません。

気温が低くなると、発汗する事は少なくなりますが、ワキだけは、寒い季節でも発汗しているなと感じる事が良くあるのです。

暑くて汗をかくのは分かるのですけど、寒いと思っていてワキから汗が出るので、いつも不思議です。

寒い季節は服を数枚着る事が多いので、夏みたいに汗じみが表に出るといった事はないのですけど、やっぱり発汗すると心配になるので、1年を通じて汗に困らされているのです。

私は自分のわきのニオイを気にしています。

夏の場合は特に気になりますが、冬場も心配になる時があります。

つきましては、自分自身が実践している脇の臭いの対処法を書いていきます。

初めに、シャツやブラウスを着るときは脇汗用シートをつけるようにしています。

これによって汗が洋服につかないので、菌が繁殖するのを防ぎ、匂いの元をなくします。

それでもわきのところについてしまったばい菌が臭ってしまうため、出かける前に制汗スプレーを振っています。

夏の場合はアセがそれを落としてしまうので、化粧室に行った時などにたびたび脇をアルコールティッシュで拭きます。

そして、消臭スプレーを再び吹き付けます。

でも、会社の化粧室でつけると、音が出てしまうので、そういう時は制汗クリームなどを携帯して対処しています。

それから、ワキ毛が生えているのも不衛生なので、冬もしょっちゅう処理をしています。

体臭って自分自身では割かし気が付かないものだけど、可能な限り清潔に保つことでニオイを元から根絶やしにする事が大事だと思っています。

自分は中学の時から多汗症と脇の臭いに苦労させられています。

常に、ニオイと格闘していて、みんなに勘付かれないか不安です。

そんな体質なのでしょうか、運動もしていないけど冬から夏まで発汗し、その都度、脇が匂います。

きっと、まわりの人たちも、私自身のワキのニオイを分かってると思います(言われたりしませんが)。

自分なりになるべく、脇のアセとか汗臭に気づかれないように、わき用の汗とりシートを貼ったり、WCで何度も制汗スプレーを付けているのです。

自分の体質に合ったデオドラントを探し回っていますが、納得がいくくらい臭いを消す制汗スプレーを探し出すことができず、わきがが本当に嫌になるくらいです。

数年にわたる、ニオイとの戦いがとてもつらいので、先日、恥ずかしいとは思いつつも、ボトックス注入治療のカウンセリングに行きました。

3~4ヶ月効果が続くことや、腋臭に困っている方は多いので保険適用になって、リーズナブルになったと知りました。

頭を抱えているのは、自分だけではないみたいで、デオドラント剤以外にも効果的なものを発見し、ちょっとホッとしました。

ボトックスをしてもらうかどうかは分からないですが、わきの臭いに苦しんでいるのはわたしひとりではないって知ったら、気持ちの面で少し楽になりました。

旦那さんは毎日スーツを着て出勤しています。

スーツですから、当然履いているのは革靴になります。

夏の季節になり、ゲリラ的豪雨が増えたおかげで、主人が革靴や靴下を濡らして帰ってくる日が多くなりました。

一番初めに心配したのがクツです。

ですが、クツの場合は少々臭かったとしても室内に入れるものではないですし、夫以外の人が履くことはありません。

ぬれない方がベストですけど、適切にお手入れしたら、そんなにニオイは気になりません。

しかし、クツシタの場合は違うのです。

洗濯機に入れる前に洗剤に浸しておいても、ニオイはなかなかとれないのです。

ガンコすぎて困ります。

それに素手で触りたくないのに、夫は何も考えずに脱ぎっぱなしなのです。

それをそこらへんに放置された時には、ニオイが倍増して私に襲いかかります。

靴下なんて消耗品ですし、背広は戦闘服でもありますが、あの凄まじいニオイを何とかしなきゃいけませんね。

本人は、全く気にしていないようですけど…。

カラダの臭いで困っているのです。

夏の季節はあらゆるところに制汗スプレーをつけた後に着替えます。

体が出すニオイが凄いせいなのかバスなどの公共交通機関に乗ると周りに空間ができます。

座っている人に近寄れば席を空けてくれます。

(この点は役得ですが)風呂に入る時はゴシゴシ洗いますが二時間も経たないうちに何か臭う?と感じるほどなのです。

携帯でいろいろと調べたところ、食生活が偏っているため、と書かれていましたがちゃんと栄養のいい食事を心がけているので、加齢臭だと思います。

ひょっとして石鹸がいけないのか、試行錯誤しています。

仕事場では香水は使用不可なのです。

そのためなるべく汗をかかないよう小さい扇風機を使っていますが、悪あがきのような気がします。

会社のやり方として室内温度を28℃にしているので冬の季節は平気なのですが、暑い季節は最悪です。

汗が滝の様にでます。

制汗剤をした意味がないのです。

何かいい解決策を知りませんか?
以前は汗の匂いなど気に留める事もありませんでしたが、30歳を過ぎた頃から少しずつ身体のニオイを感じるようになりました。

まあ平たく言えば「加齢臭」ですね。

現在は「スメハラ」なる言葉もあるようで、男性陣の悩みは尽きることはありません。

僕自身は工場に勤めているので仕事中は工場自体のニオイで体臭など分かりませんが(工場自体のニオイも強烈ですが)、やはり退勤すると自分の体臭が分かります。

無論、ニオイ移りを心配して家では洗濯も分けられています。

そういった事からなんとか対策法を考えました。

その体臭対策は衛生面に気を配るようにする事です。

本当に基本中の基本ですね。

しかし実際に、頭、身体、歯をしっかりと洗浄すれば臭さは激減すると思いました。

足裏などは重曹で足湯をするとほぼ無臭になりますよ。

外出していて汗が出た時は抗菌タオル等で小まめに拭いておくだけでも防臭対策となります。

お店で購入できる汗取りシートだともっといいかも知れません。

口のニオイは食事の後に「歯磨き」が理想的ですが、水うがいするだけでもマシになります。

体をキレイにしておくのは身体のためにもなるので皆さんも是非意識してみて下さい。

それから女性の方々に向けては、これからもこんな男性陣をよろしくお願いします!と言わせて下さい。

職種的に外に出ることが少なくないので、夏場は当然ですが寒いシーズンでもやっぱり汗をかくことが多いので自分の体の匂いが周囲の人の害になっていいないか気に掛かります。

それこそ複数人で自動車で移動する事も少なくないので、その密閉された空間で臭っていたらマズいなと思ってしまってその緊張感からますます発汗してしまうという困った体質なのです。

勿論デオドラントスプレーを利用して自分なりに防臭対策は行っていますが、自分自身の臭いはなかなか感じにくいので不安になってしまいます。

ニオイがあるときには忠告してもらえると分かっていいのですが、一緒にいる人に体の臭さを言うのも難しいでしょうから、わたし自身でなんとかするしか方法はありません。

自分の身体のニオイが分かる嗅覚があればいいのですが・・・。

今はシャワーを浴びる、発汗したら放置せずに汗を除去するなど、当たり前なことではありますが、清潔にしておくように心掛けています。

近くにいる人に自分から出る汗臭などが害にならないようにするのはもっとも必要な気配りだなと思っています。

同居している姉貴の「体臭」が気になって仕方がない。

偏食である・ダラダラした生活・おデブ・・ダメなところは色々とありますが、同居中の私からするとあの臭さだけはどうしても治して欲しいところです。

訳あって、「ニオイに困っている」とは単刀直入に言えないあたしもダメなんだろうけど、脱いだTシャツやなんかをそこら辺に投げ出されていると、夏時はやっぱり汗をかくからなのか、家中にニオイが充満して大変な事になっている。

消臭剤を使ったりしますが、絶えずかけていると消費も早く経済的にも困る。

これは洗うしかないと思っても、息をしないようにしないとやってられないので、息止めをしながら洗濯機に入れます。

口で息をするのも、なんだか健康を害しそうだし、マジでこっちまでどうにかなりそうです。

女だから、悪臭を放つなんて問題外なはずなのに、おねえちゃんの神経の太さはすごいなと感心する。

あれで、彼氏もいるんだから。

交際相手は、「臭い」は「臭い」ようですが別れる気はなさそうです。

自分は、あんな人が交際相手だったらと思うとゾッとします。

もっと言えば、それが原因で振るだろうな。

あぁ誰か姉に言ってくれないかしら・・・。

我が家の次男は、超ド級の足臭を持っている。

兎にも角にも、帰宅を告げる声よりも早くプンプンとしてくる納豆臭さ。

別に「納豆」が苦手ってわけではありません。

しかし、あの足の納豆臭さは、大嫌いです。

浴室に直行すればいいものを、うちの子は、いたずらっ子の顔になり、あえて部屋中を練り歩き、カーペットなどに、ニオイ移りさせようとするんです。

何と言うか、まるで「マーキング行動」です。

足を洗浄しても、足のニオイは、すぐにはなくなりません。

脱臭剤を絨毯などにやるついでに、子供の足裏にもシューっとやったりして。

(危険かな?)靴のニオイとりスプレーを通学靴のなかにもスプレーします。

兎に角、色んな所にスプレーします。

そこまでやっても、完全には足臭は消えません。

どうにかならないものかと悩んでいると、彼が、生の足裏を私の顔前に持ってくる。

「臭い?」キツい!マジでキツい!!気絶しそうだ。

「風呂湧いてるから、入っちゃえ。

」と風呂場に引っ張って行く。

この流れ、飽きてきたな。

やつの通学用ソックスは、まるで糊付けしたみたいに、足の裏のところが、ごわついています。

洗濯してもゴワゴワのまんま。

足裏のにおいは、菌の繁殖が原因みたいですが、これがどうして、納豆のような臭いなのかちょっと気になります。

バスタイムに、シャワーソープで汚れを落として、ようやっと臭いから解放される。

あのニオイは、やっぱり最悪だな。

私は人一倍汗をかきますが、汗のせいで悩みになっている事があります。

普段出掛けるときに脇汗が目立ってしまいます。

というのも私は持っている私服がライトグレーや薄いブルーといった明るい色の服を多く持っていて、そういった色の服は汗で濡れてしまうと凄く目立つのです。

あたしの場合はわきの下が20センチくらい色変わりしてしまい、腕を上げなくても立っているだけでその汗で色の変わった部分がそばにいる人に見えてしまいます。

気にしすぎているだけかも知れませんが、そんな姿で人がいるところにいたらそれを見つけられて笑われてしまうような気がします。

服を新調しようにもそんなにお金もないので全てを買い替えるという訳にもいきません。

それよりもこの場合汗の方を解決するべきだと思うのです。

ですが何をすれば汗をかきにくくなるのでしょうか?そういった事に詳しくないので見当がつきません。

摂取する水の量を少なくするようにしたらいいのでしょうかね?だけど体にはよくなさそうです。

足裏のにおいが気になる人は、この世の中に多く存在しているのではないでしょうか。

とりわけ長時間履き物を着用し続けているときなどは、足裏のにおいを発しやすくなると言われているので、適切に足臭予防していく事が大事になってきます。

近ごろでは、靴に使用する消臭インソール等が、人気があるようです。

中敷きを靴に差し込むことによって、かいた汗や臭いを取り除いてくれるので、足の裏のイヤな臭いを緩和させてくれるようです。

機能性インソールを使っての足臭対策以外にも、足専用のデオドラントグッズはネットやドラッグストア等で売っています。

この様なアイテムを気軽に使用しながら、「足臭」を軽減させることが多くの人々によって実践されているのではないでしょうか。

足臭対策に使用できるグッズは、ますます改良されていると思います。

そんな事から、これからも足の臭いを容易に治すことが、いろんなやり方で可能になるんじゃないかと考えています。

毎日沢山遊んで動き回ってくるから仕方ないことなんだろうけど、どうしてこんなに臭いのだろう?

わからないのですが、週末持ってきた室内履きは匂わない。

場合によってはボディ用の石鹸を使ってもまだ匂う。

凄く気になったので、さしあたり洗うだけでにおわないようにするためにはなにをしたらいいのか考えてみた。

柿渋石鹸や【元からスッキリ】とうたっているボディソープなど。

どっちのものもいまいち効果はなく、つまり臭うのはニオイの菌が繁殖しているはず!と思ったので、試しに殺菌作用のあるハンドソープを使ってみたら、えっ?っと思うほどスッキリ臭いが無くなったのです!

それから日々その石鹸を使い続けていると、すごかった足のニオイがしなくなってきたのです。

100%じゃないけど明らかにくつを脱ぐと同時にするあの臭いが許せる範囲に!ハンドソープで洗うことがいいのかいけないのかは知りませんが、試験的に脇の部分もそのハンドソープを使ったら暑い時期でもたいして気にならなくなりました。

私自身はすごいことを見つけたと思ったのです。

これから先もこのやり方で臭いを撃退していきます。