細かい事を気にしすぎるというのも困ってしまいますが

わたくしのことではありませんが、やはり割と年を取った男性のニオイを気にしてしまいます。

特に近い存在の夫については、より一層そう思います。

本人だとそこまで気になったりしないのでしょうけどあの異臭には壁壁します。

とりわけ、ニンニクの効いた食事をしたあとのにおいには耐えられません。

主人だから「にんにく食べてきた?臭いよ~」とか、「ニオイがしないようにしてね」なんて気軽に言えるけど、会社の人には直接言う事なんてできません。

暑い夏場は、なお一層そうなってしまいます。

今の時代ですので、ある程度制汗スプレーなどで気配りしている方も多くいらっしゃいますが、そうでない方もいらしゃるのが現状です。

そういう人というのは、自分が出してる臭いに無頓着なのです。

靴を脱いだあとの臭いなどは、家で何とかできますが、人の事はどうにもできません。

細かい事を気にしすぎるというのも困ってしまいますが、そういう歳になったのなら、縁者に自分の体臭について確かめてもらって手当することも必要なのではないでしょうか。

基本的にあたしは汗っかきです。

夏の季節は当たり前で、年間を通して汗が出てくるのです。

私自身がいちばん、汗をかきたくない季節は冬になります。

暑い時期の汗も嫌ですが、冬の時期の汗も嫌いなのです。

夏という季節は酷暑なので、みんな日傘やハンカチを手にしています。

ですが、冬は寒いと思うのが当然なのでタオルを持ちながら歩く人はほとんどいません。

また夏場よりも冬は厚着をします。

夏ならば薄着で電車に乗っていても店舗に入っても冷房がついていますが冬の季節は全く空調は効いておりません。

特にラッシュ時の電車は辛いです。

コートを着たままで乗車してしまうとじわじわと汗が出てくるのです。

おでこから発汗し、その汗が下へ下へと流れていくのです。

オデコの汗をハンカチで拭きますが汗は徐々に下へ垂れていって、胸やお腹の辺まで流れていくのです。

会社について、コートを脱ぐと両わきや背中が汗で湿っていて、これが意外と乾きにくい。

特に黒を着る機会が多いわたしとしては汗じみが目立つのは困ります。

黒って大丈夫じゃないの?なんて思いがちですが、黒色の洋服が汗を吸収すると思いのほか汗じみが目立ってしまうのです。

若い頃は身体のにおいなど気に掛からなかったのに、ここのところとても脇の下のニオイを感じるようになってしまいました。

気になりだしたのは、美容脱毛サロンに行きはじめてからです。

脱毛サロンに行き出して一年半ほど。

暑い時期になると、何となくワキガ臭がする。

これはひょっとしてと思い、施術が終わった後に、脇をふいてチェックしてみると、間違いなくワキガの人の臭いがする。

すごくショックでした。

それ以来、わき汗をかいたりする度に、わきを拭き取って脇臭チェックをするようになってしまった私。

他人が近くに来ると本当に気になるようになってきました。

介護職なのでよく汗ばんでしまうし、匂いもバレやすい職種なので消臭ケアは絶対に必要です。

ある時、知り合いから海外のおみやげで貰った、コロコロつきのデオドラント剤を使用してみたのです。

それを使用すると見事にニオイがなくなりました。

こっちでも購入できるのかな?と探してみたところその系統の製品は沢山販売されていました。

このコロコロのおかげで本当に快適になりました。

寒い季節も何となく脇に汗を掻くと臭かったのですが、このコロコロのおかげで近ごろは臭いが抑えられています。

世の中にはきれいな感じのするスポーツ後の汗ですが、暑さが原因の汗は面倒です。

思えば、毎年テレビのコマーシャルで制汗製品がよく流れるようになるのは、私みたいな汗に困っている人が多数いるからでしょうが、いろいろなタイプや香りが存在しているので、選ぶことが出来なくて、簡単に拭ける使い切りタイプになってしまいます。

元より、夏の時期はそれのみでは対処できません。

ショッピングサイトでとってもおしゃれなパッケージのデオドラントを見つけて、輸入物の直塗タイプの制汗商品を買ってみました。

凄く匂うため、私にはふさわしくない感じだったのです。

いちばん不安な事は、自分が匂う以上に「周囲にあたしの汗のニオイを発散しているのではないか」とか「内心臭がられるかも」と心配しています。

猛暑にやられ、出来るだけ外出しなくても良い日は家にいたいと思うのです。

過ごしやすい屋内でゴロゴロしたくなります。

頭皮からも汗は出るため、冷感の強いシャンプーを使うのですが、こちらも厄介な汗。

頭皮の汗の量は多いです。

あと何か月もしない間に、汗に悩まされる時期になるので嫌ですね。