自分がにおうという事に気がいってしまうとさらにニオイがきつくなる

自分が気がかりなカラダの臭いは、腋臭です。

仕事をしているとき、緊張してくると脇から汗が出てきます。

そんな時は決まって、凄く匂うのです。

そうなると、自分がにおうという事に気がいってしまい一段とキツイ臭いがしています。

けれども、自分以外の人もそうでした。

会社の仲間も上の人に仕事をムチャ振りされると、絶対にワキがクサイ。

脇の臭いとプレッシャーって関わり合いがあるのだと感じました。

その他にも足裏からもアセが出る。

通常なら足の裏からなんて汗は出ないけど、ストレスがかかった時とかは、靴下がしめっぽい。

そん時は大抵、上の人から食事に呼ばれる。

靴を脱ぐ和室の会場。

自身の足が臭う。

これは、もうどうすることも出来ない。

ワキのニオイであればスーパーで手に入れた消臭剤を吹き付ければどうにかなるが、足の匂いを消すスプレーは購入しずらい。

足のニオイというものは毎回感じる訳でもないし、そういった事がない限りクツは脱がないので、真面目にニオイをなくそうという努力を自身がしていないことが、ハッキリしたのです。

ひょっとして自分がくさい為に他人から敬遠されているのではないかと悩みはじめたここ最近。

と言う訳で、コツコツと良い香りとか体臭コントロールの為にどうしていったらいいか試行錯誤を繰り返しています。

概ね香水をつけていたら嫌な臭いがしないだろうと思っています。

(どれがどのくらい効くのかわからないのでまだまだ勉強中です!)しかし体験者の話で「香水」と「アセ」が掛け合わされ却って臭くなると言われたこともあります。

ほのかに続く優しいニオイで無難にニオイ対策を行っている今日この頃です。

スーツを着るような仕事ならしょっちゅう洗うわけにもいかないので、着る度に消臭芳香スプレーなどを使って汗臭を消すのも良さそうです。

「人の臭さ」と言えば体臭とは言うけど洋服などの匂いも影響してると思います。

汚くなったら洗うことが一番です。

そうもいかない時は洋服にも除菌消臭スプレーを使ってクサいイメージにならないことが肝心です。

暑い時期はアセも出やすくデオドラントスプレーが重宝しそうです。

それと汗取りパッドとかウエットシートなど用意して嫌な臭いを発さない女性になりたいです。

「香り」によって人の魅力度が変わってくるというイメージを左右するような大切な項目なので、これから魅力的な人になりたいなら「香り」も気をつけないとですね。

わたしはとても鼻がいいんです。

人様の匂いは無論のこと私自身の匂いも認識出来るので自分自身の臭いに関しては最大限の注意をしています。

「この人、臭う」って思われたくないですし、人にイヤな思いをさせたくないので出来るだけの事はしています。

「体臭」は汗ばみがちな夏季に鼻につきやすくなります。

体臭が悪臭になってしまう理由はいろいろです。

身体のニオイは本人の元々の持って生まれたニオイもありますが、大体はその方自身の生活の仕方が影響しています。

とくに食習慣と体臭には密接な関係があります。

脂質の多い食事内容の方の臭いは往々にしてきついですが、野菜類をふんだんに使ったバランスのとれた食事を摂っている方の体臭は感じる事が少ないです。

体臭の大敵は肉中心の食生活です。

意識的に野菜中心の食にしていくことで、自分でも分かるくらい体臭を軽減することができます。

それとお酒も悪臭の元となります。

酒類を楽しみすぎたあくる日などは口のニオイだけでなく、身体の匂いも強くなってしまいます。

そうした個人個人の日頃の習慣が徐々にその人自身の「体臭」を構成していきます。

人から出る匂いは周りの人にストレスを掛けてしまうので、各自意識的に臭わないようにすることが必要です。

汗量が減る冬場に、体から出るニオイがひどくなりがちな気がしています。

そんな事から、寒いシーズンには、身体から発する臭いを心配する人が各世代にいらっしゃるはずなので、臭いのケアをキチンと行う必要があると言えるのではないでしょうか。

初夏あたりからの暑いシーズンには、運動をしなくても汗が出てくるため、臭いのケアにはみな熱心に取り組みます。

それに比べて、汗量が減る冬などは、体臭のケアをないがしろにする傾向がありますが、菌が汗によって出にくくなり、余計カラダの臭いが強烈になるという事もあるようです。

マメに臭い対策をすることと、暑い季節以外にも実施する事で、「体臭」は軽減されていきます。

これからは汗を掻きにくい冬時に、カラダの臭いがキツくなり心配になる方が臭い対策に精力的に取り組んでいくと予想できるので、あらゆる形での体臭ケアが実施されるようになると思っています。

産休が明け、ようやくお仕事に復帰できます。

給油所では価格の上場がすごいので前と比べて高くなっていて驚いています。

夏が来る前に復職したのは多少でも体を慣らしておかないと汗だくの状態になってしまうからなのです。

知っての通り石油スタンドは直射日光を浴び、長袖のシャツ、車の発する熱で猛暑なのです。

汗かき体質な私は春には汗にまみれてしまいます。

夏になると結んだ髪の毛先の方から汗のしずくが流れ落ちるので車に落ちてしまわないように、お団子ヘアにしているのです。

めっちゃ首が、日焼けするんですけどね。

二十歳くらいの子は、汗をかく量って少ないのかな?って思ってしまうほどへっちゃらそうな顔です。

わたくしは下にぴちぴちのTシャツを着て両脇にハンドタオルでくるんだ保冷剤を入れていたり、ブラジャーの中にも保冷剤をキッチンペーパーに包んで入れて仕事をしないと大変なことになるのです。

お化粧の方は、昼には落ちてしまう為その後はマロ眉で働いています。

自動車が大好きなのでこの仕事をしているのですが、炎天下の中でも快適になるようなものを作って欲しいなと思います。

参考記事:すそわきが ニオイ対策
参考URL:https://www.heartwarmingholidays.com/